ドライバー教育の取り組み

入社時は心構えや安全教育を行います

必要な知識や技術の習得、トラックを運転する際の心構えや安全を確保するため遵守するべき基本的事項を学ぶため、外部研修機関の研修に参加したり、各営業所で研修、教育を実施しています。
ドライバー教育

定期的なドライバーミーティングによる安全教育

安全運行を確保するために必要な運転技術や、法令に基づき遵守すべき事項について、年間の指導計画を作成し、それに沿ってドライバーの指導、教育を実施しています。
ドライバー教育

添乗指導による安全運転教育

事故につながる危険な運転癖と運転方法を指摘し、法定ルール、社内ルールを実践するように指導するとともに、適切な荷物の取り扱い方法、お客様に対する接遇態度、言葉使い等を指摘、指導をし、貨物事故、クレーム事案の防止が確実に実践できるように、添乗指導を行います。
ドライバー教育

適性診断の受診

3年に1度の適性診断を計画的に受信して、自身の運転の癖を把握し、今後の業務に活かす為の教育指導を行っています。